角の詰め上がり図

No.118 角の詰め上がり図

銀で支えられた角での詰め上がり。 角が盤上にいた場合、角で王手するべきか銀で王手するべきかは、参考図1の黒丸のマスの状況が影響してきます。銀で王手した場合は参考図2のようになります。角で王手した方が抑えられるマスが多いですね。 ...
金の詰め上がり図

No.117 金の詰め上がり図

桂で支えられた金での詰め上がり。 桂が2マスに効いていて金が持ち駒の場合はどちらにも打てるので、相手の駒の効きや玉の逃げ道などに注意してどちらがいいか選びます。桂の頭に逃げられないように注意しましょう。 もう片方の桂の効きに金が...
銀の詰め上がり図

No.116 銀の詰め上がり図

歩で支えられた銀での詰め上がり。 この歩は銀では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。その銀も支えないといけないので桂で支えてあり、その桂にも紐づけが必要なので香がいます。駒柱がで...
香の詰め上がり図

No.115 香の詰め上がり図

角で支えられた香での詰め上がり。 この図は詰将棋の場合、香は必ず持ち駒です。香が盤上にいたら、すでに王手がかかっているか、間に合駒があるはずです。合駒を取って詰みだと駒余りになってしまうので詰将棋の正解にはなりません。実戦や詰将棋...
歩の詰め上がり図

No.114 歩の詰め上がり図

角で支えられた歩での詰め上がり。 歩は効きがひとつしかないので王手しているときは味方に紐をつけることができません。この角も別の駒で支えないといけないので、歩で支えてあります。さらに、角を支えている歩にも紐がついていないので桂で支え...