飛の詰め上がり図

No.369 飛の詰め上がり図

銀で支えられた飛での詰め上がり。 この銀は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は桂で支えてあります。この桂も支えが必要なので銀で支えてあります。 銀を支えている桂が飛側にあれば銀の支えは不要で...
角の詰め上がり図

No.368 角の詰め上がり図

合い効かずの角での詰め上がり。馬でも同じです。 合い効かずの条件には、王手している駒がとられないのに加えてその効きの間に相手の駒の効きがないことが必要になります。 歩があることで合駒しても同角で無駄合いになってしまうので詰将棋で...
金の詰め上がり図

No.367 金の詰め上がり図

桂で支えられた金での詰め上がり。 この桂は金では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は金で支えてあります。 前後を金でサンドイッチしていて、玉の横が埋まっていれば詰む面白い形です。 桂が成れる場合...
銀の詰め上がり図

No.366 銀の詰め上がり図

飛で支えられた銀での詰め上がり。 この飛は銀では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は香で支えてあります。 気を付けないといけないのが、銀がこの位置に来る前は参考図1の黒丸の地点が飛でふさがれていま...
香の詰め上がり図

No.365 香の詰め上がり図

合い効かずの香での詰め上がり。 銀の効きがあるので合駒しても同香で無効になっています。銀には支えが必要なので歩で支えてあり、歩にも支えが必要なので桂がいます。 もし香が持ち駒であればわざわざ離して打つことなく、銀の効きに直接打て...
タイトルとURLをコピーしました