金の詰め上がり図

No.5 金の詰め上がり図

歩で支えられた金での詰め上がり。 金は玉を詰ますのにとても優れた駒で、有名な「頭金」という状態(参考図1)だと玉は金を取るか後ろに下がることしかできません。 そんな優秀な金でも、コビン(駒の斜め上のマス)から攻めると結構埋めなく...
銀の詰め上がり図

No.4 銀の詰め上がり図

歩で支えられた銀での詰め上がり。 銀は真横が空いているので王手するときはするりとかわされないよう注意が必要です。 もし図での銀の位置が3段目以上だったり、三段目以上の斜め上にいた銀を引いて王手する(参考図1)なら銀成るとした方が...
桂の詰め上がり図

No.3 桂の詰め上がり図

桂での詰め上がり。 見てわかるとおり、桂は玉から離れたところから王手するので、玉が桂を取ることはできません。この図鑑のルールでは、「王手した駒が玉方の駒に取られない状態であること」という条件をつけているので、玉にとられることのない...
香の詰め上がり図

No.2 香の詰め上がり図

歩で支えられた香での詰め上がり。 香は歩の動きに似ている(前にしか進めない)ので、詰将棋の問題だと歩ではできない打って詰ますために代わりに1マスにしか効かない場所(1二など)でも結構使われたり、実戦でも歩切れの時に歩の代わりに使っ...
歩の詰め上がり図

No.1 歩の詰め上がり図

香で支えられた歩での詰め上がり。 飛か龍であっても同じです。 歩は持ち駒の状態から打った時に相手玉が詰んでしまうと打ち歩詰めになってしまうので注意が必要なのですが、この図の場合は、もし歩がいないと香で王手がかかっているはずです(参考...
タイトルとURLをコピーしました