詰め上がり図

No.423 飛の詰め上がり図

銀で支えられた飛での詰め上がり。 この銀は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は桂で支えてあります。この桂も支えが必要なので銀で支えてあります。 銀を支えている桂が飛側にあれば銀の支えは不要で...
角の詰め上がり図

No.422 角の詰め上がり図

歩で支えられた角での詰め上がり。 この歩は角では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。さらに、銀にも紐がついていないので桂で支えてあります。この桂も支えてあげないといけないのでこの...
金の詰め上がり図

No.421 金の詰め上がり図

飛で支えられた金での詰め上がり。 飛が成れるのであれば飛成のほうが1マスふさげるマスが増えます(参考図1)。しかし、飛は横からの移動になるので飛が成れるのは二段目か三段目です。二段目では金とふさいでるマスは同じになってしまいます(...
銀の詰め上がり図

No.420 銀の詰め上がり図

飛で支えられた銀での詰め上がり。 この飛は銀では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は桂で支えてあります。 桂が両コビンをふさいでいるので銀が飛道を止めても大丈夫です。 これも線対称の図があります...
両王手の詰め上がり図

No.417 両王手の詰め上がり図

飛と銀での詰め上がり。銀は歩で支えてあります。 また歩にも紐づけが必要なので銀で支えてあります。 飛道を銀で止めていて、銀が下がって両王手、という流れです。 飛は龍でも同じです。銀がこの図の位置に来るには参考図1の銀の位置から...
タイトルとURLをコピーしました