飛の詰め上がり図

No.191 飛の詰め上がり図

桂で支えられた飛での詰め上がり。 この桂は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。 銀が桂の斜め下にあっても玉の周りの効きは変わりません(参考図1)。桂の下から支えても同じで...
香の詰め上がり図

No.187 香の詰め上がり図

飛で支えられた香での詰め上がり。 この飛は香では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は香で支えてあります。 この図は詰将棋の場合、香は必ず持ち駒です。香が盤上にいたら、すでに王手がかかっているか、間...
飛の詰め上がり図

No.183 飛の詰め上がり図

銀で支えられた飛での詰め上がり。 この銀は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は桂で支えてあります。この桂も支えが必要なので歩で支えてあります。 銀を桂で支える場合は左側からもできますが、そち...
飛の詰め上がり図

No.175 飛の詰め上がり図

銀で支えられた飛での詰め上がり。 この銀は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は桂で支えてあります。 桂が飛の下から支えていればもう1マス防げるマスが増えます(参考図1)。 これも線対称の図...
歩の詰め上がり図

No.170 歩の詰め上がり図

飛で支えられた歩での詰め上がり。 歩は効きがひとつしかないので王手しているときは味方に紐をつけることができません。この飛も別の駒で支えないといけないので、桂で支えてあります。 気を付けないといけないのが、歩がこの位置に来る前は参...