頭金

金の詰め上がり図

No.457 金の詰め上がり図

飛で支えられた金での詰め上がり。 飛が相手玉の斜め後ろのマスを1つふさいでいます。飛が成れる場合は飛成で王手するとこの後ろをふさいでいるマスが真ん中に変わりますので、どちらがいいか選びましょう(参考図1)。ただし、飛は横からの移動...
金の詰め上がり図

No.421 金の詰め上がり図

飛で支えられた金での詰め上がり。 飛が成れるのであれば飛成のほうが1マスふさげるマスが増えます(参考図1)。しかし、飛は横からの移動になるので飛が成れるのは二段目か三段目です。二段目では金とふさいでるマスは同じになってしまいます(...
金の詰め上がり図

No.385 金の詰め上がり図

飛で支えられた金での詰め上がり。 この図で飛が間接的に玉に効いているので、金がこのマスに来る前は、飛の効きをさえぎっていないといけません。それには合駒か自分の駒が必要です(参考図)。自分の駒があるマスには自分の駒はいけないのでこの...
金の詰め上がり図

No.349 金の詰め上がり図

角で支えられた金での詰め上がり。 角が離れている場所から金を支えています。1マス近づいている参考図1の状態でも角を金で支えられますので、単純に玉の後ろの逃げ道が増えてしまっているだけです。 角が成れる場合は角成で王手しても同じよ...
金の詰め上がり図

No.313 金の詰め上がり図

角で支えられた金での詰め上がり。 詰め上がりでよく見かける銀と金の組み合わせ(参考図1)に似ていますが、角頭が抜け道になっています。また、角がこれより離れると玉の後ろをふさいでいたのがなくなります(参考図2)。 この詰み上がりも...
タイトルとURLをコピーしました