飛の詰め上がり図

No.315 飛の詰め上がり図

銀で支えられた飛での詰め上がり。 この銀は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は桂で支えてあります。この桂も支えが必要なので桂で支えてあります。 銀を支えている桂が飛側にあれば桂の支えは不要で...
角の詰め上がり図

No.314 角の詰め上がり図

歩で支えられた角での詰め上がり。 この歩は角では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。さらに、銀にも紐がついていないので桂で支えてあります。この桂も支えてあげないといけないのでこの...
銀の詰め上がり図

No.312 銀の詰め上がり図

飛で支えられた銀での詰め上がり。 気を付けないといけないのが、銀がこの位置に来る前は参考図1の黒丸の地点が飛でふさがれていますが、銀が来ることによってその効きがなくなってしまいます。銀で飛の効きをさえぎっても大丈夫かを確認する必要...
歩の詰め上がり図

No.310 歩の詰め上がり図

銀で支えられた歩での詰め上がり。 歩は効きがひとつしかないので王手しているときは味方に紐をつけることができません。この銀も別の駒で支えないといけないので、歩で支えてあります。さらに、銀を支えている歩にも紐がついていないので飛で支え...
馬の詰め上がり図

No.307 馬の詰め上がり図

桂で支えられた馬での詰め上がり。 この桂は馬では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。馬は成り駒なので盤上にある馬、または角を成って詰ますことになります。 銀が上を、馬が下から包...
タイトルとURLをコピーしました