飛の詰め上がり図

No.127 飛の詰め上がり図

銀で支えられた飛での詰め上がり。 この銀は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は歩で支えてあります。歩は飛で支えられます。 銀で王手して銀の腹にするっと逃げられてから飛車で詰ますような手ができ...
角の詰め上がり図

No.126 角の詰め上がり図

歩で支えられた角での詰め上がり。 この歩は角では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。さらに、銀にも紐がついていないので桂で支えてあります。この桂も支えてあげないといけないのでこの...
銀の詰め上がり図

No.124 銀の詰め上がり図

銀で支えられた銀での詰め上がり。 銀は横の効きがないので詰ますにはちょっと頼りない時がありますが2枚重ねればコビン金と同じ状態になります。 もちろん上下にちゃんと重なっていないとだめで、斜めだと参考図1のように黒丸のマスが逃げ道...
飛の詰め上がり図

No.119 飛の詰め上がり図

桂で支えられた飛での詰め上がり。 この桂は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。 銀が桂の下にあっても玉の周りの効きは変わりません(参考図1)。上から支えても同じです(参考...
角の詰め上がり図

No.118 角の詰め上がり図

銀で支えられた角での詰め上がり。 角が盤上にいた場合、角で王手するべきか銀で王手するべきかは、参考図1の黒丸のマスの状況が影響してきます。銀で王手した場合は参考図2のようになります。角で王手した方が抑えられるマスが多いですね。 ...