金の詰め上がり図

No.421 金の詰め上がり図

飛で支えられた金での詰め上がり。 飛が成れるのであれば飛成のほうが1マスふさげるマスが増えます(参考図1)。しかし、飛は横からの移動になるので飛が成れるのは二段目か三段目です。二段目では金とふさいでるマスは同じになってしまいます(...
馬の詰め上がり図

No.415 馬の詰め上がり図

金で支えられた馬での詰め上がり。 馬は成り駒なので盤上にある馬、または角を成って詰ますことになります。 金で王手すると参考図1の黒丸のマスから逃げられてしまう場合がありますので馬が動けるなら馬で王手したほうが無難です。 この詰...
飛の詰め上がり図

No.414 飛の詰め上がり図

銀で支えられた飛での詰め上がり。 この銀は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は金で支えてあります。 金がいるので飛が横移動でこの位置に来る場合は金より右側に限定されます。 これも線対称の図...
金の詰め上がり図

No.412 金の詰め上がり図

角で支えられた金での詰め上がり。 角が間接的に玉に効いているので、金がこのマスに来る前は相手の駒があることが前提条件になります(参考図1)ので、金で相手の駒をとって詰みます。よって、持ち駒がある状態になるので詰将棋の正答にはなりま...
金の詰め上がり図

No.403 金の詰め上がり図

桂で支えられた金での詰め上がり。 この桂は金では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は金で支えてあります。 桂が成れる場合は桂成るでも王手ができてしまうのでこの形に限定させるには桂が動けない状態にし...
タイトルとURLをコピーしました