腹金

金の詰め上がり図

No.502 金の詰め上がり図

角で支えられた金での詰め上がり。 角がもう一マス近づいていれば両脇を防げました(参考図1)。 角が動けるのであれば角成のほうが斜めのラインで玉の後ろもふさげるのでお得です(参考図2)。 この詰み上がりも線対称の図があります(参...
金の詰め上がり図

No.466 金の詰め上がり図

角で支えられた金での詰め上がり。 金と角がお互いに支えあっていますのでこの2つの駒で成立します。 この図では玉頭は防げないので、もし角が成れて動いてもよければ角成のほうが良い、と言いたいところですが角が両脇をふさいでいたのでどち...
金の詰め上がり図

No.430 金の詰め上がり図

角で支えられた金での詰め上がり。 腹金のネックである玉頭ですが、角がうまくふさいでいて気持ちのいい形になっています。 角が離れていないと支えが必要になるので気を付けましょう。 この詰み上がりも線対称の図があります(参考図)。 ...
金の詰め上がり図

No.394 金の詰め上がり図

角で支えられた金での詰め上がり。 この図では玉頭は防げないので、もし角が成れて動いてもよければ角成のほうが良いです(参考図1)。 この詰み上がりも線対称の図があります(参考図2)。 参考図1 参考...
金の詰め上がり図

No.358 金の詰め上がり図

角で支えられた金での詰め上がり。 腹金のネックである玉頭ですが、角が逆側の離れたところから金を支えていると防げてとても気持ちのいい形になります(参考図1)。 この図では玉頭は防げないので、もし角が成れて動いてもよければ角成のほう...
タイトルとURLをコピーしました