腹金

金の詰め上がり図

No.358 金の詰め上がり図

角で支えられた金での詰め上がり。 腹金のネックである玉頭ですが、角が逆側の離れたところから金を支えていると防げてとても気持ちのいい形になります(参考図1)。 この図では玉頭は防げないので、もし角が成れて動いてもよければ角成のほう...
金の詰め上がり図

No.322 金の詰め上がり図

金で支えられた金での詰め上がり。 玉が端にいたときに起こりそうな詰め上がり図です。 どちらも金よりも、小駒の成り駒が混ざっている形がよくありそうですね。 玉頭にスキがあるので注意しましょう。 この詰み上がりも線対称の図があり...
金の詰め上がり図

No.286 金の詰め上がり図

金で支えられた金での詰め上がり。 玉が端にいたときに起こりそうな詰め上がり図です。 どちらも金よりも、小駒の成り駒が混ざっている形がよくありそうですね。 玉頭にスキがあるので注意しましょう。 この詰み上がりも線対称の図があり...
金の詰め上がり図

No.250 金の詰め上がり図

金で支えられた金での詰め上がり。 腹金(はらきん)といわれる詰め上がりです。特に玉が端にいる時によくこの詰み上がりになります。 この詰み上がりも線対称の図があります(参考図)。 参考図
金の詰め上がり図

No.214 金の詰め上がり図

銀で支えられた金での詰め上がり。 銀は金で支えられているので、他の駒はなくても平気です。 金が持ち駒の場合と、桂が1マス離れた玉頭にいて成れる場合(参考図1)は、どちらから王手した方がいいのかを相手の駒の効きや逃げ道をみて判断し...
タイトルとURLをコピーしました