尻飛

飛の詰め上がり図

No.297 飛の詰め上がり図

合い効かずの飛での詰め上がり。 合駒されても桂があるので同飛で大丈夫です。桂には支えが必要なので歩で支えてあります。 飛が持ち駒だったらあえて離して打つ必要はないので開き王手か、移動してきて詰みとなります。 これも線対称の図が...
飛の詰め上がり図

No.270 飛の詰め上がり図

桂で支えられた飛での詰め上がり。 この桂は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は金で支えてあります。 これも線対称の図があります(参考図)。 参考図
飛の詰め上がり図

No.243 飛の詰め上がり図

合い効かずの飛での詰め上がり。 離れた龍(参考図1)でも同じです。1間龍だと防げるマスが増えるので◯の数が違います。 これは合駒ができてしまいそうですが(参考図2)この状態で詰む条件は何でしょう? 当然ですが、合駒ができない状...
飛の詰め上がり図

No.216 飛の詰め上がり図

桂で支えられた飛での詰め上がり。 この桂は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は金で支えてあります。 金が桂の下にあっても玉の周りの効きは変わりません(参考図1)。 これも線対称の図がありま...
飛の詰め上がり図

No.191 飛の詰め上がり図

桂で支えられた飛での詰め上がり。 この桂は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。 銀が桂の斜め下にあっても玉の周りの効きは変わりません(参考図1)。桂の下から支えても同じで...
タイトルとURLをコピーしました