詰め上がり図

歩の詰め上がり図

No.98 歩の詰め上がり図

玉で支えられた歩での詰め上がり。 玉同士が近すぎて怖い感じがする図です。玉で王手したら玉を取られてしまうので歩の代わりに玉で王手することはできません。 この詰み上がりも線対称の図があります(参考図1)。 参考図...
龍の詰め上がり図

No.97 龍の詰め上がり図

桂で支えられた龍での詰め上がり。 龍は成り駒なので盤上にある龍、または飛を成って詰ますことになります。 この時、龍の位置が三段目以上だった場合、桂成るでも玉に王手がかけられます。黒丸の地点が何かで埋まっていれば桂成るでも詰みです...
馬の詰め上がり図

No.96 馬の詰め上がり図

桂で支えられた馬での詰め上がり。 馬は成り駒なので盤上にある馬、または角を成って詰ますことになります。 もしこの図で馬のいる位置が三段目だったとすると、馬を支えている桂もはねれば成れます。馬でも成桂でも効くマスは同じです(参考図...
飛の詰め上がり図

No.95 飛の詰め上がり図

桂で支えられた飛での詰め上がり。 この桂は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は桂で支えてあります。 下の桂が玉の両コビンに効いているので、飛を支えている桂は右のコビンでも左のコビンでも大丈夫...
角の詰め上がり図

No.94 角の詰め上がり図

歩で支えられた角での詰め上がり。 この歩は角では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。さらに、銀にも紐がついていないので桂で支えてあります。この桂も支えてあげないといけないのでこの...
タイトルとURLをコピーしました