銀の詰め上がり図

銀の詰め上がり図

No.188 銀の詰め上がり図

歩で支えられた銀での詰め上がり。 この歩は銀では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。その銀も支えないといけないので桂で支えてあり、その桂にも紐づけが必要なので銀がいます。 当図...
銀の詰め上がり図

No.180 銀の詰め上がり図

金で支えられた銀での詰め上がり。 金と銀の打つ順番を間違えてしまったような詰め上がりです。どちらも持ち駒なら基本的には格言通り金をとどめに残した方がよいです。 金が銀の真下にいれば銀の両脇を防げますが、斜めだと参考図のように黒丸...
銀の詰め上がり図

No.172 銀の詰め上がり図

銀で支えられた銀での詰め上がり。 銀が持ち駒だった場合、上からでも下からでも打てますが、上から打つと参考図1の黒丸のマスが空いてしまうので基本的には下から打った方がお得です。もちろん相手の駒の効きとの相談になります。 これも線対...
銀の詰め上がり図

No.164 銀の詰め上がり図

歩で支えられた銀での詰め上がり。 この歩は銀では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。その銀も支えないといけないので桂で支えてあり、その桂にも紐づけが必要なので桂がいます。 これ...
銀の詰め上がり図

No.156 銀の詰め上がり図

金で支えられた銀での詰め上がり。 金が銀の真下から支えていれば銀の脇を守れるのですが、斜め下からだとそれができません。「金はとどめに残せ」の格言を思い出させる詰め上がり図です。 これも線対称の図があります(参考図2)。 ...