金の詰め上がり図

金の詰め上がり図

No.241 金の詰め上がり図

金で支えられた金での詰め上がり。 とっても豪華な詰め上がり図ですね。上からどんどん追いかけていく場合、玉が斜め下に逃げていくことが多いので支えの金が斜めにいる方がよくありそうですが(参考図1)、例えば銀が玉の横から守っていて、銀の...
金の詰め上がり図

No.232 金の詰め上がり図

銀で支えられた金での詰め上がり。 銀が玉の斜め後ろを抑えているので、金の代わりに銀で王手するとそこが空いてしまうので注意しましょう(参考図1)。 この詰み上がりも線対称の図があります(参考図2)。 参考図1 ...
金の詰め上がり図

No.223 金の詰め上がり図

桂で支えられた金での詰め上がり。 この桂は金では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。 金と銀で玉をサンドイッチしていて、横に逃げられなかったらアウトの図です。 逆のコビンンに...
金の詰め上がり図

No.214 金の詰め上がり図

銀で支えられた金での詰め上がり。 銀は金で支えられているので、他の駒はなくても平気です。 金が持ち駒の場合と、桂が1マス離れた玉頭にいて成れる場合(参考図1)は、どちらから王手した方がいいのかを相手の駒の効きや逃げ道をみて判断し...
金の詰め上がり図

No.205 金の詰め上がり図

金で支えられた金での詰め上がり。 金が持ち駒の場合、支えの金の効きである2マスどちらにでも打てますが、コビンに打ってしまうと反対側の玉の脇やコビンがあいてしまう(参考図1)ので、できれば玉頭に打ちたいところです。ただし、それは相手...
タイトルとURLをコピーしました