No.50 歩の詰め上がり図

詰め上がり図
飛で支えられた歩での詰め上がり。
飛と歩の間に1マスあるのは、打ち歩詰めが反則のため、歩は必ず盤上にあるからです。盤上にあるということは、この詰め上がり図になる前は参考図1のように歩は1マス前にいるので、飛はそれより後ろに構えていないといけないからです。
飛の代わりに香や龍でも同じです(参考図2)。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

コメント

タイトルとURLをコピーしました