No.629 角の詰め上がり図

詰め上がり図
飛で支えられた角での詰め上がり。
この飛は角では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。
飛がもう1マス以上離れた場所から効いていれば飛への支えは不要でしたが(参考図1)、そのかわりふさいでいるマスは減ります。
また、銀がもう一マス左から飛を支えようとすると銀が角を直接支えることになるので飛は不要になりますがこの場合もふさいでるマスは減ります(参考図2)。
この詰み上がりも線対称の図があります(参考図3)。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

参考図3

参考図3

コメント

タイトルとURLをコピーしました