No.17 龍の詰め上がり図

詰め上がり図
歩で支えられた龍での詰め上がり。
なんと、玉の斜め下だけ埋まっていれば詰んでしまうという驚異の威力。ただし、そこを埋めている駒が玉方の桂だった場合、龍が取られてしまうので注意しましょう(参考図1)。
では問題です。もし、この図で龍のいる位置が三段目だったとすると、龍を支えている歩も1マス進めばと金に成れるわけです。このとき、歩成るではだめで、龍(または飛成る)だと詰む条件はどんなものが考えられるでしょうか?
答えは3つ。
①玉の後ろ(龍の効き)のマスが埋まっていないとき(今回の詰め上がり図の状態)
②歩が動くとと金が相手の駒に取られてしまうとき(参考図2※)
③歩が動くと自玉に王手がかかってしまうとき(参考図3※)
全部答えられましたか?馬での詰上りでも同じ問題を出していたので、その図を見ていたら復習でした。
※…この図鑑では、と金、成香、成桂、成銀は金扱いにしているのでと金は金と書かれています。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

参考図3

参考図3

コメント

タイトルとURLをコピーしました