No.4 銀の詰め上がり図

詰め上がり図
歩で支えられた銀での詰め上がり。
銀は真横が空いているので王手するときはするりとかわされないよう注意が必要です。
もし図での銀の位置が3段目以上だったり、三段目以上の斜め上にいた銀を引いて王手する(参考図1)なら銀成るとした方が無難です。途中の局面であれば「斜め下に動けるままの方がいいのか?横に動けるようになった方がいいのか?」と悩むところですがこの王手の仕方の場合、斜め下に効いている必要がありません。
この詰み上がりも線対称の図があります(参考図2)。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

コメント

タイトルとURLをコピーしました