No.3 桂の詰め上がり図

詰め上がり図
桂での詰め上がり。
見てわかるとおり、桂は玉から離れたところから王手するので、玉が桂を取ることはできません。この図鑑のルールでは、「王手した駒が玉方の駒に取られない状態であること」という条件をつけているので、玉にとられることのない桂を支える必要がありません。そのため、実は桂での詰め上がりは、この図と、この線対称の図(参考図1)しかないです。
王手した駒が玉方の駒に取られないのには、
①桂馬に効いている駒がない(参考図2)
②桂馬に効いている駒が動くと攻め方の他の駒の王手がかかってしまう(参考図3)
という2パターンがあります。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

参考図3

参考図3

コメント

タイトルとURLをコピーしました