No.430 金の詰め上がり図

詰め上がり図
角で支えられた金での詰め上がり。
腹金のネックである玉頭ですが、角がうまくふさいでいて気持ちのいい形になっています。
角が離れていないと支えが必要になるので気を付けましょう。
この詰み上がりも線対称の図があります(参考図)。

参考図

参考図

コメント

タイトルとURLをコピーしました