No.354 両王手の詰め上がり図

詰め上がり図
龍と銀での詰め上がり。銀は香で支えてあります。
龍道を銀で止めていて、銀が下がって両王手、という流れです。龍の効きを生かすには龍がこの位置より離れるわけにはいきませんので、銀は玉の隣で龍道を遮っている必要があります。銀が成れるのであればなった方が1マス防げるマスが増えるのでお得ですし、不成でないと詰まないという状況もないので成れたら成ってしまいましょう(参考図1※)。この状態だと間接的に香が玉に効いていますので、銀がこの位置に来る前は何か合駒があるはずです。そのため、合駒を取って詰みだと駒余りになってしまうので詰将棋の正解にはなれません。
この詰み上がりも線対称の図があります(参考図2)。
※…この図鑑では、と金、成香、成桂、成銀は金扱いにしているので成銀を金と書いてあります。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

コメント

タイトルとURLをコピーしました