No.349 金の詰め上がり図

詰め上がり図
角で支えられた金での詰め上がり。
角が離れている場所から金を支えています。1マス近づいている参考図1の状態でも角を金で支えられますので、単純に玉の後ろの逃げ道が増えてしまっているだけです。
角が成れる場合は角成で王手しても同じような形になります(参考図2)。
この詰み上がりも線対称の図があります(参考図3)。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

参考図3

参考図3

コメント

タイトルとURLをコピーしました