No.241 金の詰め上がり図

詰め上がり図
金で支えられた金での詰め上がり。
とっても豪華な詰め上がり図ですね。上からどんどん追いかけていく場合、玉が斜め下に逃げていくことが多いので支えの金が斜めにいる方がよくありそうですが(参考図1)、例えば銀が玉の横から守っていて、銀の位置を変えてから頭金に持って行ったりなどの手順がありますが(参考図2)、それだと頭金ではなくコビンからの方が多いかもしれません(参考図3※)。
※この詰め上がり図では金と金での詰め上がりですが、参考図3は有名な古典詰将棋で同じような構成なのでご紹介しました。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

参考図3

参考図3

コメント

タイトルとURLをコピーしました