No.212 香の詰め上がり図

詰め上がり図
飛で支えられた香での詰め上がり。
この飛は香では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は桂で支えてあります。
この図は詰将棋の場合、香は必ず持ち駒です。香が盤上にいたら、すでに王手がかかっているか、間に合駒があるはずです。合駒を取って詰みだと駒余りになってしまうので詰将棋の正解にはなりません。実戦や詰将棋の変化手順でなら出てくる可能性があります。
また、気を付けないといけないのが、香がこの位置に来る前は参考図1の黒丸の地点が飛でふさがれていますが、香が来ることによってその効きがなくなってしまいます。香で飛の効きをさえぎっても大丈夫かを確認する必要があります。桂が逆側から飛を支えていれば気にしなくて済んだのですが・・・。
この図も左右対称の詰め上がりがあります(参考図2)。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

コメント

タイトルとURLをコピーしました