No.196 銀の詰め上がり図

詰め上がり図
金で支えられた銀での詰め上がり。
金と銀の打つ順番を間違えてしまったような詰め上がりです。どちらも持ち駒なら基本的には格言通り金をとどめに残した方がよいです。が、せっかくなので銀を残した方がよい詰み手順をご紹介します(参考図1:クリックで手が進みます)。金を残してしまうと逃げられてしまいます(参考図2:クリックで手が進みます)。参考図2は、間違って3一、3三または4一に逃げると詰んでしまうので確認してみてください。5三が唯一の生き延びる道です。
これも線対称の図があります(参考図3)。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

参考図3

参考図3

コメント

タイトルとURLをコピーしました