No.148 銀の詰め上がり図

詰め上がり図
銀で支えられた銀での詰め上がり。
銀が持ち駒だったり、参考図1のような配置だった場合は、基本的には玉頭から抑えることを考えます。玉頭に相手の駒が効いている場合などにはこの詰め上がり図になることがあります(参考図2)。
これも線対称の図があります(参考図3)。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

参考図3

参考図3

コメント

タイトルとURLをコピーしました