No.127 飛の詰め上がり図

詰め上がり図
銀で支えられた飛での詰め上がり。
この銀は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は歩で支えてあります。歩は飛で支えられます。
銀で王手して銀の腹にするっと逃げられてから飛車で詰ますような手ができそうですね(参考図1:クリックで手が進みます)。
これも線対称の図があります(参考図2)。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

コメント

タイトルとURLをコピーしました