No.126 角の詰め上がり図

詰め上がり図
歩で支えられた角での詰め上がり。
この歩は角では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。さらに、銀にも紐がついていないので桂で支えてあります。この桂も支えてあげないといけないのでこの図では桂で支えてあります。
下の桂が玉の両コビンに効いているので、銀を支えてる桂は左右どちらからでもいいかと思いきや、右からの場合はそもそも角が効いてるので下の支えの桂は不要になります。あれば相手玉の両コビンを抑えることにはなりますが。
この詰み上がりも線対称の図があります(参考図)。

参考図

参考図

コメント

タイトルとURLをコピーしました