No.119 飛の詰め上がり図

詰め上がり図
桂で支えられた飛での詰め上がり。
この桂は飛では紐をつけられないので何か違う駒で支えてあげないといけません。この図は銀で支えてあります。
銀が桂の下にあっても玉の周りの効きは変わりません(参考図1)。上から支えても同じです(参考図2)。唯一違いが出るのは飛と同じ筋にいる場合です(参考図3)。
これも線対称の図があります(参考図4)。

参考図1

参考図1

参考図2

参考図2

参考図3

参考図3

参考図4

参考図4

コメント